上原汽車銘牌(恵州)有限公司

上原について

/
会社概要

上原について

ページビュー数:

上原汽車銘牌(恵州)有限公司(以下、「当社」と称する)は上原ネームプレート工業株式会社(以下、「本社」と称する)が100%出資した。子会社となります。2013年10月に恵州市博羅県龍渓めっき工業団地にて設立いたしました。本社は60余年のめっき加工の歴史を持ち、プラスチックの表面処理技術は業界トップレベルの技術を保有していると自負しております。その蓄積された技術が当社へと受け継がれております。

 

会社の総投資の1000万ドル、2488㎡場所をとります、総建築面積の8636㎡。恵州の従業員人数の200名、年の総売上げの1.2億元。溶解プラスチックを型に流し込んで成型があって、プラスチックは電気めっきをして、表面の吹付け塗装、製品の組み立てるワンストップのソリューション、会社は近代化する工場の建物と先進的な生産設備を持って、自動的に線に電気めっきをしておよび塗って生産ラインを設置するのを含みます。

 

当社の主要品目はABS樹脂やPC/ABS樹脂を主体としたプラスチック製品のめっき加工となります。めっきの種類としてはクロム、黒3価クロム、白3価クロム、ベロアニッケル、高艶ベロア(プラチナ)、黒3価ベロア、高艶ベロア(プラチナ)黒3価、高艶ベロア(プラチナ)白3価超高艶ベロアなどのめっき処理が可能です。また、環境にやさしい新めっき技術の開発にも取り組んでおります。

 

1